月別アーカイブ: 2020年1月

FXは世界的に取引されている

FXをする時には世界的な市場で取引をしているということにきちんと意識しておいた方が良いでしょう。それはいったいどのような意味であるのかというのは例えば日本時間では新やでも為替取引というのはかなり活発に行われているということになりますから、自分が寝てしまっている時のリスクコントロールというのはかなりしっかりとしなければならないわけです。
極端な話ポジションを持たなければそれで良いということではあるのですが、そうしてしまいますと取引をすることが可能な時間というのが極端に短くなりますし、自分が寝ている間でもできるだけその変化に対して対応できるようにしておけばより大きく利益を求められる時間というのが増えることになります。
そこでFXでやるべきことというのが自動売買ということになります。自動取引というのは名前の通り特定の条件で動いた場合などに自動で取引をするようにということができるやり方であり、最も多く使われているのが指値注文と言われるものです。あらかじめいくらになったら買うように、売るようにというようなことをやっておくことによってうまく取引を自分が寝ている間にもできてしまうということになります。
そして、指値注文の応用としてIFD注文やOCO注文、などがあります。 IFD注文はこの注文が成立したらこのレートで決済してほしいというようなやり方であり、要するに売買の一連の流れを設定しておくことができるということになります。
OCO注文とは二つの指値注文を同時に出して一つが成立した場合はもう一方は自動的にキャンセルするという方法であり、損切り売り注文を出しておくことができるということになりますので極めてメリットがあるやり方と言えるでしょう。
レバレッジを高く設定することが可能な外国為替証拠金取引においてはやはりリスクをできるだけ減らすことが重要であり、それは様々な注文方法を活用することが重要になります。
それが上手くできるようになるとリスクを減らし成功する確率を高めることができるようになるわけです。
注文の方法を知るべきです。
自動売買なども活用することによって、より確実というわけではないですが、よいタイミングでの取引、或はロスカットなどを組み立てることができるようになります。
必ずそうするべき、ということではないですが注文方法を色々と活用したり、自動注文、売買などを活用して取引をするようにしましょう。