未分類」カテゴリーアーカイブ

トレンドが変わるタイミングをFXのオシレーター系のツールで見極め

FXで取引をしている方は、よくテクニカルツールを参考にしています。現在の外貨の状況を確認するためにツールを使う訳ですが、その1つにオシレーター系があります。トレンド系とは異なり、過熱感などを確認する為に活用されるのです。

2つのテクニカルのツール

FXに関するテクニカルツールは2種類あって、その内の1つはトレンド系です。外貨の動きに注目してみると、たまに1つの方向に数字が動き続けることがあります。ある時から外貨のレートが上昇を続けて、簡単には下落しなくなる事もあるのです。
トレンドが発生している時は、かなりの勢いがあります。上手くトレンドに乗ることができれば、それなりに大きな利益が生じる事も多いですから、トレンドを見極めたくなる事もあるでしょう。トレンド系のツールを活用すれば、それも見極められるのです。
もう1つのオシレーター系のツールは、行き過ぎかどうか確認できます。いわゆるリバウンド上昇や調整下落の局面かどうかを見極めたい時は、そのツールを見てみると良いでしょう。

RSIというツールで行き過ぎ感が分かる

例えばFXのツールの1つに、RSIがあります。RSIは数字によって表現され、基本的にはチャートのすぐ下に表示されるのです。0から100の間でRSIの数字は変動します。その数字は線グラフで表示されるのですが、行き過ぎ感を見極めたい時には便利です。
RSIが30を記録した時などは、そろそろ上昇してもおかしくないと言われています。外貨は、たまに暴落する事もあるでしょう。ただ下落もずっと続く訳ではなく、どこかで落ち着いてきます。一旦は下落した外貨が、また上昇していく事はよくあるのです。いわゆるリバウンドの上昇です。
RSIが30を記録した時は、リバウンドの上昇も発生しやすくなります。という事は、そのツールの数字が30になった時には、買い注文をしてみるやり方があるでしょう。ちなみに70になった時は、売り注文のチャンスと言われています。

オシレーター系で転換点を見極める

RSIの他にも、オシレーター系のツールは色々あります。いずれも数字によって表現されますが、上述のようなトレンドの転換点を調べたい時は、とても便利です。各ツールはそれぞれ特徴も異なりますし、使い比べてみると良いでしょう。
ちなみに人によっては、2つ以上のオシレーター系のツールを併用している事もあります。組み合わせてみれば、より正確に転換点を見極められる事もあります。その使い方はとても多彩です。